頭皮マッサージをするときの基本

「頭をマッサージしましょう」といわれると、多くの人が、手のチカラを使って頭を押したりもんだりすると思います。

 

間違いではありませんが、手のチカラを使う方法は、マッサージを続けていると手が疲れてきます。指やウデ、肩も痛くなります。そして手が疲れてくると、押したりもんだりするパワーが弱くなってしまいます。

 

そこで、手のチカラをあまり使わずに頭をマッサージできて、しかも疲れ知らずな方法をお伝えします。その方法とは、手のチカラを使うのではなく、頭の重さを利用する方法です。では、詳しく説明していきますね。

 

指頭(しとう)を使う

 

まず、マッサージをするときに使う指先ですが、指頭というところを使います。指頭とは、指の腹の爪に近い部分のことです。

 

爪のすぐ近くは指先(ゆびさき)といいます。指の腹の部分は指腹(しふく)といいます。指頭は、ちょうど指先と指腹の間あたりです。パソコンを打つときに使う部分と思っていただければ良いでしょう。

 

指の第2関節の外側を使う

 

指頭以外にも使える部分があります。指の関節の外側です。手をグーにすると、第2関節の外側に固い関節がでますね。親指以外の4本は、好みによって使い分けできますが、メインになる指は人差し指と中指です。

 

指の関節を使うと、「痛い」くらいの刺激になります。不快感にならない程度の刺激を心がけましょう。

 

ヒジをテーブルにつける

 

頭をマッサージするときのポイントは、ヒジをテーブルにつけて手を固定することです。手のチカラで頭をマッサージしようと考えている人は、受け入れがたいかもしれません。しかし、手を固定して頭を動かすほうが、頭に強い刺激を与えられますし、手も疲れません。

 

頭皮をこすらない

 

ヒジをテーブルにつけて手を固定したまま、指腹を頭のマッサージしたいところにつけます。ここまでできたら、マッサージをしていきます。

 

マッサージの目的は、頭皮の下に刺激を与えることです。ですから、頭皮の表面を指でこすってもマッサージ効果はうすいです。頭皮と指腹を固定して、頭皮を動かすようにマッサージします

 

頭を動かす

 

先に述べたとおり、頭のマッサージのとき、手は固定したままです。手は動かさなくて良いです。手を動かさずに頭を動かします。つまり、手のチカラでマッサージするのではなく、頭の重さを利用してマッサージするのです

 

頭の重さは、体重の10%といわれています。体重が50kgの人なら頭の重さは5kgということになります。腕力を使って、5kgのチカラでマッサージし続けることは大変ですね。しかし、頭の重さを使えばそれが可能になります。

 

後頭部も頭の重さを使ってマッサージする

 

もしかしたら、「後頭部は頭の重さを利用してマッサージができないのではないか」と思われる人もいるかもしれませんね。しかし、後頭部も頭の重さを利用してマッサージができます

 

前に述べたとおり、ヒジはテーブルに固定します。ただし、後頭部をマッサージするときは、片方のヒジを固定するだけです。両方のヒジをテーブルにつけてしまうと、後頭部はマッサージできません。

 

右か左のどちらかのヒジをテーブルにつけて固定したら、あとは指腹を後頭部にあてます。最後に頭を指に押し付けてマッサージをします。

 

このときも、頭皮をこすらないように指と頭皮を固定して頭皮を動かすようにマッサージします。

 

ゆっくり圧をかける

 

頭皮をマッサージするとき、固くなった頭皮をほぐすように頭を動かしても良いです。ほかに、指圧のように圧をかける方法もあります。

 

どちらの方法にも共通していえることがあります。それは、ゆっくり圧をかけるということです。一気に強い力でマッサージするのではなく、徐々に頭の重みを指にのせていきましょう

 

気分が悪くなったらやめる

 

頭皮がカチコチに固まってしまっている場合、急に頭をマッサージすると、気分が悪くなる人もいます。マッサージが効いている証拠ともいえますが、気分が悪くなったら、その日は無理せずマッサージを休みましょう。

 

長い年月かけて固くなった頭皮ですから、少しずつほぐしていきましょう

 

マッサージして痛いところを重点的に

 

頭全体をマッサージしてみると、同じチカラ加減でも痛いところとそうでもないところがあります。痛いところは、その場所に関連している部分が不調である可能性が高いです。

 

ほかの場所より痛いと感じるところは、時間をかけてほぐしていきましょう

 

頭皮マッサージで心もカラダも元気になる

 

人によって頭皮は、動かそうとしても動かないくらいカチコチに固くなっている人や指で押すと指が沈むくらいブヨブヨに柔らかい人もいます。どちらも健康的とはいえません。健康的な頭皮は、程よい弾力があります。

 

頭皮が固い人も柔らかい人も、脳がストレスを感じており、頭皮の下の毛細血管が働いておらず、血流が悪くなって、酸欠状態といえます

 

頭皮マッサージをすることで、毛細血管が正常に働きだし、血流が回復して酸素や栄養分を運んでくれます

 

さらに、脳のストレスも軽減されます。頭のマッサージによってストレスが軽減することは、脳波を調べた実験でも証明されています。緊張や不安などの脳波が減り、安定をもたらす脳波が増えるのです

 

以上のことからわかるとおり、頭をマッサージすれば、心もカラダも健康状態に近づき、元気になれるのです。